〜 愛媛発の微生物研究の創成と微生物産業の創出を目指して 〜

愛媛微生物学ネットワーク(Network Association of Microbiologists in Ehime, NAME)は、「微生物」をキーワードとする愛媛県内の研究者や技術者のサロンとして平成23年に発足し、微生物関連の共同研究や事業、教育等の活性化を目指している研究組織です。

ご存知のように、微生物はヒトの暮らしに密接に関わっており、「微生物学」という学問はその関わりに基づいて多彩な分野に細分化されています。地球温暖化、環境汚染、感染症の拡大、食料不足、石油代替エネルギーの必要性など、近年の緊急かつ具体的な問題解決のために、微生物の機能を多面的に理解して制御、利用することが微生物研究者全般の重要課題ですが、これまでの細分化された学問分野で対応できるものではありません。

NAME では、その細分化された分野の壁を取り除き、医・薬・理・工・農学の学問領域を越えて統合し、微生物機能の解明と制御という基礎と応用を兼ね備えた研究拠点を形成しました。これにより、学問分野の人的、発想的資源の融合によって、「愛媛発の新分野の創成と世界的にユニークな研究成果の創出」を目指しています。

これまでの活動を通して、NAMEは、産・官・学の連携を通して、多角的に「微生物」を取り扱う全国的にも稀な研究集団として成長してきました。これを基盤として、地域産業の活性化、地域関連企業で活躍できる優秀な人材の育成・輩出に向けて活動しています。